育毛剤の働きと毛が生える仕組み

育毛剤の働きと毛が生える仕組み

「ハゲてきたから育毛剤を使ってる」「抜け毛予防のために育毛剤でケアを始めた」という人は育毛剤の効果をきちんと理解して使用しているでしょうか?
良く育毛剤を使えば「毛が生えてくる」「ハゲが治る」と勘違いしている人が多いと思いますが、実はそうではないんです。
そこで正しい育毛剤の働きを解説していきます。
まず始めに大切なことは「育毛剤で毛は生えない」ということです。
育毛剤のCMやドラッグストアのポップで「血行促進」や「抜け毛予防」という言葉を聞いたことがあると思いますが、育毛剤というのは頭皮環境を正常に戻して発毛や育毛のお手伝いをするものなんですね。
髪の毛が生える仕組みは毛乳頭や毛根、毛母細胞の働きが活発化されることによって成長をしていきます。
年齢を重ねるとともにその働きが弱くなり抜け毛や薄毛に繋がってしまうんですが、育毛剤を使うことで毛乳頭、毛根、毛母細胞の働きを促進させ発毛、育毛のサポートをしてくれます。
しっかりと太い毛を育てるには毛根に栄養がきちんと行き渡ることが大事なのですが、育毛剤で血行が促進されれば血流にのって栄養を毛根まで運ぶことができるようになるため、髪の毛を成長させやすくなるんです。
育毛剤で直接毛が生えるとは言い切れませんが、正しい育毛剤の働きを知り頭皮ケアをすれば、ハゲ改善の近道になりますよ。

copyright(C)マインドパワーアカデミー